FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
seven vol.18 【リベンジ(前編)】
「カラアゲ・・・」

アゲ《はい、ここに》

「森・・・飽きた。
 もっとこう、面白いところはないのか?」

アゲ《あ、飽きた・・・って》
  《平穏が一番じゃないですか》
  《これ以上なにを望むと?》


「平穏かぁ・・・
 それはそれで、なんとも退屈だ・・・」



「そうだ!
 どうせ暇だし、
 あそこ行ってみよう!」

アゲ《アソコってどこです?》 (@、@;

「ヌシがいる亀裂だ。
 以前、断念しただろ?
 あれからあたしも力をつけたし、
 再挑戦してもいい頃だろ?」

アゲ《いや・・・アソコはまだまだ・・・》
  《いや、イイです、行きましょう!》
  《どうせダメって言っても》
  《強引に行くんでしょ?;》


「分かってるなら、
 黙ってついてこい!」







SEVENCORE_2012101701.jpg


「いきなりコレカ;」

アゲ《だからムリだって・・・》
  《ここのアーマードゴーストは》
  《全てがエリートなんですよ!》
  《めっちゃ強いんですよ;》

  《ってか、サイおって嫁に出したんじゃ?》



「画像が古くて、資料映像なのだw
 まあ、細かい事はキニスルナ!

 っていうか・・・
 お前、エリートとか、そんな事
 一言も言ってなかっただろ!?」


アゲ《どうせ、言っても》
  《聞いてくれないくせに;》



「うふっ、ワクワクしてきたぁ!!」


アゲ《ちょ! 何いきなり》
  《テンション上がってんですか!!》



「行くぞ、
 カラアゲ!
 突っ込むぞ!!」



アゲ《あああもう;》
  《結局私が突っ込むんデスヨネ;》
  《ええ、分かってましたとも》
  《こうなることは元より》
  《想定の内に・・・・って、えええ!!?》




「オリャアアーッハハハh!!!」

SEVENCORE_2012101702.jpg


アゲ《えーっ!? ちょ、待っ!!》
  《そんなトコに範囲魔法なんか撃ったら;》



 “ぎゃあーーーーす!!”

SEVENCORE_2012101703.jpg


アゲ《ハァハァハァ・・・》
  《ちょっとは考えてからハァハァ》
  《動いて下さいよっ!!!》


「ハァハァ・・・
 勝ったからいいじゃんか
 ・・・ァハァハァ;」

アゲ《そんな結果オーライ的な・・・・》 orz

「まぁお前が言いたい事も分かる。
 確かにこれを続けていくのはキツイな;
 仕方ない・・・本領発揮と行くか・・・」

アゲ《本領? 発揮って?》 (イヤナヨカン;)


「カラアゲでは足音が大きすぎる。
 タキっ、お前に決めたーっ!!」

SEVENCORE_2012101704.jpg


アゲ《・・・・どういうキャラですか;;》
  《私達をポケ●ンと一緒に》
  《しないで下さい;》


「え? チガウノカ?」

アゲ《・・・・・ソンナコトイウト・・・ナキマスヨ;;》



 ~* ~* ~* ~* ~* ~*



SEVENCORE_2012101705.jpg


アゲ《もう、言葉を失いますね;》
  《こっちが本領なんデスカ?》
  《まさかクロマ様が》
  《ロッククライミングやら》
  《潜入術やらのスキルをお持ちとは》
  《全く思いませんでした》
  《もしや、元盗賊とかいうオチ・・・》


「あはははは
 そんなケチな前歴は無い!
 まあ、戦いの中に生きる身ならば
 いろんなスキルを身につけて損はない。
 元よりあたしは、
 ●ォースの導くままに
 行動してるだけだ!」

アゲ《・・・・・ソレハ》
  《●ェダイのホウデハ?;》
  《アンタハ、チガウデショ;》


  《ま、まぁ、いろんなスキルを》
  《持ってた方が・・・って点では》
  《確かにおっしゃる通りですが》
  《聖職者シスターとしてのスキルは》
  《皆無・・・なんデスヨネー;》


「なんか言ったか!?」

アゲ《い、いえいえいいえいえいえ》
  《ななな何も言っておりません;》
  (・・・清純系はダメッテコトダナ;)



SEVENCORE_2012101706.jpg


「まぁ、下のゴースト共、
 全部ボコってもいいんだが、
 めんどいからな;」

アゲ《またそんな無茶な事・・・・》
  《と言いつつ》
  《クロマ様ならやっちゃうカモ》
  《って思ってしまう・・・・・》 (>w<;



SEVENCORE_2012101707.jpg


アゲ《しかし、あれよあれよというまに》
  《無傷で最深部まで来ちゃいましたね》
  《ちょっとビックリ・・・》  (@、@;


「ったく、お前は下僕のくせに
 主人を信用してないのか。
 何でこんな風に育ったんだか・・・・」

アゲ《・・・・カイヌシニ、ニタンデスヨー》

「さあ、あとはこの
 巨大な鎖を登るだけだ。行くぞ!」

SEVENCORE_2012101708.jpg


アゲ《あっ!》
  《クロマ様、お気をつけて!》
  《そこは足場が・・・・あああああああ》



  "(;=x=ノ"Ω チーン


R指定・・・・

SEVENCORE_2012101709.jpg



 ~* ~* ~* ~* ~* ~*


「ハァハァハァ、何回目だ!?
 と、とにかく、
 落ちないようにしないと;」

アゲ《ハァハァハ・・・》
  《ここまで来るの大変なんですから》
  《ととととにかく、慎重に・・・;》


「お・・・・おお! 
 慎重にか!
 なるほどっ!」 (ポンッ!)

アゲ《ポンッ* じゃないよ、ったく;;》
  《走るなって言ってるのに!!》


  《ああ、この人・・・》
  《崩れそうな石橋を渡るのに》
  《向こう岸しか見えてないタイプだョ;》




※後編へつづく・・・


スポンサーサイト
【2012/10/24 01:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<seven vol.19 【リベンジ(後編)】 | ホーム | seven vol.17 【蜘蛛狩り】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unitpuma.blog52.fc2.com/tb.php/403-1dfd3fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。