FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
seven vol.22 【古代遺跡】
「マスター失踪いらい、
 することがないな・・・;」

アゲ《することがないのは》
  《マスター失踪とは関係ないでしょ;》


「あははは、
 まあ、そうだがw」

アゲ《こういうときは》
  《古代遺跡観光などいかがです?》
  《古き良きものに触れれば》
  《心落ち着くかもしれませんよ》



「なるほど、それもいいな。
 行ってみるか・・・」

SEVENCORE_2012102201.jpg








「ふ~む、ふむふむ・・・
 石碑に書かれた文字から見て
 ここが古代の神を祀った
 祭壇に違いない・・・」

SEVENCORE_2012102202.jpg


アゲ《おお、さすがクロマ様》
  《石碑の古代文字が読めるとは》 (尊敬♪)



「ううん、全っ然読めんw」


アゲ《ぶ!! 読めないんだったら》
  《自信満々に分かった風なコメント》
  《しないでくださいよ!》



「なんとなく、そっかなーと思って」


アゲ《ソッカナー・・・じゃないですよ、モウ;》
  《そんなてきとーな判断で》
  《取り返しのつかない事にでもなったら》
  《どうすんですか!!》


「相変わらずお前は・・・
 もう少し、こう、
 気持ちをラク~に出来ないのか?
 ラク~~~に・・・・」


アゲ《クロマ様がラク~~すぎるんですっ!!》

  《それにしても》
  《この建築物を作った人はすごいですね》
  《さぞかし革新的な発想の方なのでしょう》
  《古代にこんな建築技術があったなんて》
  《信じられない限りです》



「ああ、そうだな。
 確かにこれを作った奴は
 面白い奴だったぞ。
 特に、酔うと脱ぐタイプでなwww
 あの柱の上でよく素っ裸で踊って・・・・」


アゲ《・・・・・またそんな嘘ばっか・・・》
  《イッタイ、アンタハ、イマ、ナンサイデスカ・・・;》



「しかし、森がつまらんから
 こっちへ来たのだが、
 こっちはこっちで、
 ゴーレムやら、亡霊やら、
 喰えぬものばかり・・・・
 泣けてくるな;;」

アゲ《心落ち着けに来てるのに》
  《結局、食い気ですか;》


「あはは、花より団子とも言うw
 遺跡観光しながら食べ歩きたいじゃんww
 もちろん、ゴミは持ち帰るぞ!w」

アゲ《あたりまえです!》

「なんかこう、ジューシーで
 ガッツリ喰える物はないのか?
 ケ●タッキーとか、マク●ナルドとか・・・・」

アゲ《はぁ・・・・アルワケナイデショ!》

「チッ! 
 かの有名なエジプトでは、
 スフィンクスの眼の前に
 マク●ナルドがあるっていうのに、
 こっちは随分と開発が遅れてるな・・・」

アゲ《舌打ちシタヨ、コノヒト…;》
  《まぁ、そうおっしゃらずに・・・》
  《この地には古代より》
  《その姿を変えずに生息している》
  《生き物がおります》
  《古の人々と同じものを食し》
  《古代の質素な生活に触れてみるのも》
  《一興ではないかと存じますが》



「・・・・・・・お前、
 饒舌になってきたばかりか
 年寄りじみてきたな・・・・」


アゲ《・・・ァゥ;》
  《く、クロマ様の方こそ》
  《随分と俗物に成られましたね;》
  《以前はこう、なんていうか》
  《常に命の危機を感じつつ》
  《お仕えしておりましたが・・・》



「ほおぅ・・・今は命の危機を感じぬと?」


   Σ(@X@; ギクッ!


アゲ《い、いやいや、そういう意味では・・・・》


「はぁ・・・・~3
 遺跡がそういう気持ちにさせるのだ。
 一般的にこういう場所には、
 鎮静作用がある何らかの
 エネルギーが働いているものよ」

アゲ《なるほど・・・》
  《クロマ様のおっしゃる事は》
  《非常に納得がいくのですが・・・》

  《しかし》
  《私めの眼に映る光景は》
  《とてもそんな風には見えませんが・・・》



SEVENCORE_2012102203.jpg


「う、確かに・・・・観光客が多すぎるな;
 まったく、遺跡とか言うと、
 すぐに見世物感覚で
 金儲けの材料にしたがる・・・
 嘆かわしいことだ・・・」


アゲ《え・・・っと;》
  《ツッコミドコロガオオスギ;》

  《さっき観光開発が遅れてるとか》
  《言ってたじゃないですか!;》

  《それに!!》
  《どこを!?》
  《どう見たら!?》

  《あ・れ・が!》

  《観光客に見えるんデスカ!!!?》



「いやん、そんな怒んないで;」


アゲ《ぶっ・・・・;》
  《ど、どういうキャラですか;》
  《調子狂うなぁ、モゥ;》 



「ただ、まぁなんというか、
 これはこれで落ち着くではないか」


アゲ《はああ?》
  《どんなフィルターで見たら》
  《これが落ち着く光景に見えるんです!?》
  《意味がワカリマセン;》
  《・・・・・って、オイ、コラマテ・・・・;》



SEVENCORE_2012102204.jpg



「あははははは♪
 燃え尽きろっ!!
 あははは、爽っ快ぃ~♪w」



アゲ《遺跡は落ち着くとか・・・》
  《鎮静作用がどうとか・・・・・》
  《そういう前振りはイラナカッタヨネ…;》
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
  《マァ、イイヤ;》



スポンサーサイト
【2012/11/02 01:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<seven vol.23 【マウント達の午後・・・】 | ホーム | SEVENCORE 【急報!】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unitpuma.blog52.fc2.com/tb.php/408-1bc307ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。